IPO IPOの攻略法

子供のIPO口座を作って当選確率を上げよう!

投稿日:

IPO抽選に当たる確率を上げる方法の一つとしては子供用の口座を開設することです。
子供用の口座を作れる証券会社は以下の3つを押さえておけば良いでしょう。

SBI証券
マネックス証券
・松井証券

SBI証券

子供用の口座を開設する際に親の口座開設が必要ですが、子供が0歳から口座の開設ができます。
地道にチャレンジポイントを貯めて、IPOをゲットすることが可能です。
是非とも口座開設するべき証券会社です。

ジュニアNISAの口座も、SBI証券で作成することがオススメです。
なぜならば、以下の観点でお得だからです。
(1)国内の株式売買手数料が恒久0円になります。
(2)投資信託の取扱本数が2,260本と業界№1です。
(3)外国株式が取り扱えるのはSBI証券だけです。
米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアが対象です。

マネックス証券

親権者がマネックス証券の口座を作っている必要が無く、口座開設の手間が簡単な証券会社を選ぶならマネックス証券となります。
ジュニアNISAの特徴は以下となります。
(1)国内の株式売買手数料が恒久0円になります。
(2)投資信託の取扱本数は876本です。

松井証券

松井証券も親権者が口座を作成しておく必要がありますが年齢に関係なく口座を作れます。
ジュニアNISAの特徴は以下となります
(1)国内の株式売買手数料が0円になります。
(2)投資信託は残念ながら取扱なしです。

まとめ

信用取引、FX、先物取引等のリクスのある取引は子供の口座ではできませんが、IPOの申込は可能ですので口座を開設しておくメリットは大きいです。
子供の口座で当選した場合は、子供の将来の為に貯めておいてあげましょう。










-IPO, IPOの攻略法

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.