政治経済

小池都知事は何をしたいのか?希望の党から絶望の党へ。

投稿日:

小池新党の希望の党、先週は大変な騒ぎになりました。

小池さんは何を考えているのでしょうか?

マスコミが言っているように女性初の都知事から、女性初の総理大臣になりたいのでしょうか?
それとも、自民党を追い出された若狭さん等の受け皿を作るのが目的だったのでしょうか?

振り返ってみると、小池さんは都民ファーストの会を立ち上げた所までは都民の支持を得られたんですよ。
都議会で孤軍奮戦で、都議会の自民党の包囲網に立ち向かっている姿をメディアにさらすことで、支持を得ました。
これを見た都民は、小池さんが都政を行えるように選挙で協力した訳です。
ある意味、判官贔屓に弱い日本人の心を旨く掴んだのは戦略的に良かったと思います。
都民は、小池さんに対する同情で支援をしていると私は分析しています。

同情だからこそ、築地問題を時間と金を掛けても都民は怒っていないのです。
これが、有能な人が都知事選で選ばれて、今も結果を伴っていないとなれば無能扱いされます。

 

 

ところが、今回の国政への参加表明はどうでしょうか?

都民は小池東京都知事を支援してきた訳ですから、国政へ参加するより都政に力を入れて欲しいと考えるでしょう。
そもそも今、都知事を投げ出して辞める程度の気持ちで都知事になったのなら都民に不誠実であることを証明するようなものです。
当然、代表を務めている希望の党にも良い印象はありません。
何しろ次の選挙でボロ負け確定の民進党の寄せ集めの党になる訳ですから。

マスコミはネタになるので小池都知事を煽りますが、国民は以外と冷めているのではないでしょうか?

希望の党は民進党議員を大量に入れた時点で、絶望の党への道を歩き始めたのかもしれません。

ここから大逆転があるのかも知れませんが、希望の党が国民の支持を得られるか注目したいと思います。

 










-政治経済

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.