雑記

北朝鮮が戦争を始めたら日本の経済はどうなる? その4

投稿日:

北朝鮮とアメリカの戦争の危険度が上がって来ています。
実際に戦争が始まった場合はどのようなケースが考えられるでしょうか?

考えられるケースとしては以下のケースを想定しました。

その1、アメリカと直接対決

その2、韓国がアメリカの代理国となり全面対決

その3、北朝鮮が見せしめの為に日本を攻撃

その4、北朝鮮VSアメリカ・韓国・日本

どうでしょうか?

 

その4、北朝鮮VSアメリカ・韓国・日本

北朝鮮がアメリカ・韓国・日本の3国同盟と戦争になる確率は一番高いのではないでしょうか?

その場合、北朝鮮はどこを目標に戦争をするのか3択になるでしょう。
一番は陸続きである韓国をどうにかしなければならないでしょう。
アメリカ、韓国の軍隊は一番に北朝鮮の国境を突破して布陣します。
その後は主要な基地や空港を制圧する動きをすることが考えられます。
同時に、金正恩の斬首作戦が実行されます。

中国が介入してくることは今の情勢では考えられませんが、ロシアが裏で支援するでしょう。

3国を相手にした場合、以外と早い段階で決着がつくのではないかと考えています。

日本といえば、蚊帳の外に置かれてお金の支援が主体になる思われます。。。

日本の経済の影響

早い段階で戦争に決着がついたとして、蚊帳の外に置かれた日本はみんなのお財布とされ、利用されるでしょう。
戦争中は後方支援、終了後は北朝鮮の復興支援と韓国の戦費のタカリにあうでしょう。(例の慰安婦のように)

戦争の実費として、かなりの費用を請求されるでしょうが、実は北朝鮮の復興を日本が中心となって行うと日本経済は潤うでしょう。これも日本政府がどれだけシタタカに立ち回れるかが課題となります。まさにリーダシップが必要です。

この時に安倍さんなら上手くやれそうですが、他の人が日本の総理大臣だった場合に世界に向けて強力に立ち回れるか疑問です。

 

日本には敗戦国としての経験しかないのが現状であり、戦勝国の場合の利益をどれだけシタタカに得られるか?という一番日本人ができないことが求められます。

為替相場への影響は一時的に円高に振れるでしょうが、その後のシナリオは日本がどれだけ立ち回れるか?で決まります。










-雑記

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.