不動産投資 人の心理 投資について

スルガ銀行が認めた組織ぐるみの不正行為、こんな銀行は退場せよ!

投稿日:

かぼちゃの馬車騒ぎの時、被害者面していた犯罪集団のスルガ銀行が犯罪を認めました。
改ざんに関連した融資は3月末時点で計2035億円、1258人分という発表ですが、実際にはこの数以上の改ざんが行われたことは想像に難くありません。
こういった発表はどうしても誤魔化せないものだけが表面化するものです。予想ですが表面化しているのは、かぼちゃの馬車がらみの不正行為であり、普通のアパートローンを含めればこの数十倍の規模になるのではないでしょうか?
それ程、不動産投資をする際にスルガ銀行の名前は必ず出てくる存在なのです。

最低でも1258人の方が詐欺にあったということですが、その金額も膨大です。
シェアハウスの需要がそんなにあるとは思いませんが、1人当たり平均1.6億円の貸付を行っていたということになります。
かぼちゃの馬車が人を集められなかったシェアハウスを通常のサラリーマンが経営していくのは大変でしょう。
入居者集めと共に1.6憶のローン返済を行うのは非常に困難でしょうが、スルガ銀行はどのような対応をするのかが注目されます。

一方、スルガ銀行も今後は大変でしょう。
信用失墜、行政処分を含むペナルティを考えると預金者は大挙して預金を引き出すでしょうし、保険や投資がらみの商品も解約されるのではないでしょうか?
まあ日銀は大量に印刷した紙幣を喜んで貸すでしょうが。

今後も目が離せないスルガ銀行です。










-不動産投資, 人の心理, 投資について

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.