IPO

フュージョン(3977)IPO情報と評価

投稿日:

1990年、札幌市中央区にて同社代表取締役会長の花井秀勝氏が中心となって「北海道企画事業協同組合」を発足させ、研究開発を実施しました。その成果物である「企画支援システム」の普及・運用・販売を行うため、同氏が1991年に同社を設立。

同社はビッグデータ等の分析、システムの設計・構築、各種プロモーションに関するコンサルティングを行う総合マーケティングサービスプロバイダ企業であり、ダイレクトマーケティングに関する様々なソリューションを通じた、企業と顧客や消費者とのマーケティングコミュニケーションの支援を主たる事業(ダイレクトマーケティング事業)としています。

会社情報

会社名 フュージョン
市場・コード/業種 札幌アンビシャス・3977/情報・通信業
上場日 2月23日
申込期間(BB期間) 2月6日~2月10日
想定売り出し価格 1,000円
予想PER 25倍
公募株式数 120,000株
売出株数(OA含む) 40,000株
想定公開規模 7億

札幌アンビシャス上場の小型案件です。

資本金は150,000,000円、従業員は54人の会社です。

経営指標の推移

 2012年
2月
 2013年
2月
 2014年
2月
2015年
2月
2016年
2月
売上高
(百万円)
670 720 881 907 986
経常利益
(百万円)
8 12 55 66 48
当期純利益
(百万円)
3 5 29 38 28
純資産額
(百万円)
157 161 189 226 253
1株あたりの
純資産額(円)
52,286 53,566 62,982 376 422
1株あたりの
純利益(円)
878 1,680 9,816 64 46
自己資本比率(%) 30.9 31.2 35.4 34.6 37.8
自己資本
利益率(%)
1.7 3.2 16.8 18.4 11.6

規模は小さいですが、順調に利益を出している会社です。

引受け幹事団(シンジケート)

幹事区分 引受け幹事団 株数
主幹事証券 岡三証券 - -
引受証券 SBI証券 - -
引受証券 SMBCフレンド証券 - -
引受証券 上光証券 - -
引受証券 エイチエス証券  - -

主幹事は岡三証券です。

開いておくべき、証券会社の一覧を載せていますので、ご確認下さい。
オススメの証券会社一覧

まとめ

札幌アンビシャスという超マイナー市場での上場です。
需要はありそうですが、どうなるか予想が難しいです。
業種としてはITの上、ビックデータ関連で人気化する案件なので、強気に申し込みを考えています。

 

個人評価
B~C

 










-IPO

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.