FX物語 投資について

FXは絶対に儲からない!初心者が陥る破産への道!

更新日:

過激なタイトルですが、FXで初心者が負ける確率は95%以上ではないでしょうか?

なぜ、FXは負けるのでしょう?

負ける理由

1.必勝ルールがない
2.自分を律せない(マイルール)
3.リスクに飛び込む

が主な落とし穴です。

1.必勝ルールがない

FXをやり始める動機は何なのでしょうか?
多くの人達は、人から儲かる!とか。
雑誌で絶対に儲かる!
と言った記事を読んで始めると思います。

右も左も分からないままに、ポジションを作って勝てば、さらにポジションを増やす。負けても、悔しくてポジションを増やす。といったことを適当にしてしまうのです。

気が付けば、レバレッジが効いた状態で巨大な損失が確定してしまうという状況に陥るのです。

当然ですよね、多少の投資の心得があったとしても、FXという世界は別世界です。

なぜならば、世界中の為替取引が反映されるマーケットで、さらに24時間動いているマーケットだからです。
そうです、寝ていてもマーケットは動いているのです。
そこには政治、経済、金融のあらゆる意思がリアルタイムに反映されるのですから、個人のルールや予想が太刀打ちできる場所では無いのです。

FXの専用書籍に書いてあることは、ほぼ全てが机上の空論であり、必勝パターンは自分で作っていくしか無いのです。

2.自分を律せない(マイルール)

次に重要なのが、ルールを守れないということでしょう。

為替は常に変動しています。上昇トレンドでも、下降トレンドでも、常にプラスとマイナスに振れならがトレンドを作り出しています。

この常に変動するトレンドが、個人の判断を誤らせるのです。
例えば、過去の経験で損切した後にプラスになっていた。。。とか、損切しなくてもプラスになったという経験が、重要な判断を誤らせてしまうのです。

この判断を誤らせるタイミングが大きなトレンドの転換点であった場合、過去最大の損失が発生します。

3.リスクに飛び込む

負けている場合、冷静に考えるとポジションを取らないであろうポイントで、儲かるかもしれない!という期待でポジションを取ってしまうのです。

例を上げると
(1)レバレッジ一杯にポジションを取ってしまう。
→少しの変動でロスカット。
(2)あまりの損失に冷静さを失い両建てを行う。
→トレンドが動いても利益がでない。
(3)リーマンショック時ににもう底だろう?と逆張りしたり。
→さらに損失が膨らむ。

後から冷静に考えると絶対にやらないことを損失を取り戻そうとしてやってしまうのです。
この状態になると、完全に冷静さを失っており、末期状態だといえるでしょう。

まとめ

私も、過去にFXで痛い目にあってきましたが、大体は上記で述べたようなパターンでドツボにハマっていきました。

FXは決して利益が出せない投資では無いと思いますが、そのハイレベルな攻防は少し齧ったぐらいの一般人では太刀打ちできないレベルです。

私自身はFXは絶対に進めません。

しかし、私の友人でもFXで利益を出している人はいます。
一人はFXで家のローンを一括で払いました。

もう一人は株で相当稼いだ後にFXに転向し、株なんか面倒なことやっていられない!という状態で現在もFX一本で投資をしています。当然、バンバン利益を出しています。

私には合わない投資方法ですが、一握りの人は確実に成功しています。

成功者を見ていると自分なりの成功ルールを作って、感情をコントロールしリスクヘッジ(自分の想定範囲を超えた時に最小限の被害でとどめる)をしている人達なのです。

当然、初心者がいきなりこのレベルに到達できる訳はなく、殆どの人が落とし穴にハマって退場していく世界であることは理解して始めたほうが良いでしょう。










-FX物語, 投資について

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.