投資について

銀行に退職金の運用方法を相談するな!

投稿日:

銀行の利益の源泉はなんでしょうか?
多くは手数料によって経営が成り立っています。
我々は銀行や証券会社を利用する場合に少しでも少ない手数料の会社を選びます。
しかし銀行はお客からより多くの手数料を貰いたいのです。

営業担当者は転勤する

営業担当者は定期的に転勤します。
これは顧客との癒着を防ぐ為の未然防止策の一つなのですが、営業担当者が数年で転勤すると分かっていたらどうしますか?
自分の成績を上げる為に後のことは考えませんよね。
そうです、普通なら長年もかけて顧客との信頼関係を築いていきますが、今だけよければ!という思いになっても仕方ありませんよね。ノルマもありますし。

銀行には資産が丸見え

通常は会社が契約しているメインバンクに従業員の給与口座が作られます。
そこに退職金が振り込まれれば、すぐに分かりますよね。
ここから、銀行の営業が始まります。
「退職されたんですね!年金の給付まで時間がありますから、資産運用しませんか?」等と言われたら赤信号です。
数千万のお金を持った、資産運用に無知な人がいる訳ですからカモがネギを背負っているようなものですね。

あなたにだけ特別ですよ!は信じるな

「あなたにだけ、特別な手数料で。」とか
「今だけ、特別です。」という言葉は一番危ない。
会社の社員な訳で、営業担当者が個別に裁量権を持っている訳はありません。

 キャンペーンで得をしているのは誰?

キャンペーンでお得ですよ!
という文言にも注意が必要です。
結局、そのキャンペーンを実現しているのは顧客から回収している利益なのですから。
キャンペーンでお得感を出しても、銀行が儲かることをキチンと計算して行っているのです。

 まとめ

銀行員の給料はどのくらい貰っているのでしょうか?
ある大手銀行の平均給与は年間830万円です。
因みに社員は28,002人です。
株主に還元する利益を抜いても1社だけで232,416,600万円も社員に給与を払わないといけないのです。
銀行に関わって儲かる訳はありませんね。

ただ、このようなことは銀行だけでなく、どの会社も利益を追求している訳で、会社とはこういうものだということを理解するべきでしょう。










-投資について

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.