IPO

ジーニー(6562)IPO情報と評価

更新日:

同社グループは同社を含めシンガポール、ベトナム、インドネシア、タイの5ヶ国計6社で構成されており、同社が独自開発したインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」を主軸にアドテクノロジー事業を展開しています。

また「GenieeSSP」が持つ大量の広告配信データと顧客基盤を活かし、広告主向けの「GenieeDSP」、「GenieeDMP」といったアドソリューションのほか、マーケティングオートメーションツール「MAJIN」の提供を行っています。

会社情報

会社名 ジーニー
市場・コード/業種 東証マザーズ・6562/サービス業
上場日 12月18日
申込期間(BB期間) 11月30日~12月6日
想定売り出し価格 1,7220円
公募株式数 1,023,000株
売出株数(OA含む) 481,200株
想定公開規模 18.4億

東証マザーズ上場の中型案件です。

資本金は766,769千円、従業員は200人の会社です。

経営指標の推移

クリックすると拡大します。

 

今回のIPOで得た資金は、設備資金、運転資金、借入金返済に充てる予定です。

引受け幹事団(シンジケート)

 

幹事区分 引受け幹事団 株数
主幹事証券 野村證券 - -
引受証券 SMBC日興証券 - -
引受証券 SBI証券 - -
引受証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 - -
引受証券 大和証券 - -
引受証券 いちよし証券 - -

主幹事は、野村証券です。

開いておくべき、証券会社の一覧を載せていますので、ご確認下さい。
オススメの証券会社一覧

まとめ

東証マザーズ上場の中型案件です。

需給面からは、中型案件ですが需要はあると思います。
業種からもITと広告関連ですので人気は高いですが、野村証券が主幹事なのでネットユーザは当選が厳しいことが予想できます。

 

個人評価

個人評価:◎は絶対買う、○は買う、△は様子見、×は買わない










-IPO

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.