IPO

結局、JR九州(9142)は初値で売るべき?

投稿日:

遂に、明日は上場となりますね。
公開と同時に売るべきか、値上がりを待つべきか迷います。
大手の情報サイト予想では2,700~3,000円というものもあり、上限で決まれば1枚で4万円の利益になります。
しかし、優待等も充実しており、持っておいて利回りで利益を出す方法もあるでしょう。

初値で売る

初値で売ればリスクはほぼ、なさそうです。
IPOとしては少額かもしれませんが、利益が得られると思います。
大手の情報サイト予想の最高価格なら1枚、4万円ですね。
私は、IPOは初値で売るのが基本スタンスですから、基本スタンスで行こうを思います。

株価の様子を見ながら売る

ゆうちょ(7182)の時は11月4日の公開後から12月までトレンドを描きながら高値を目指しました。

購入価格:1,450円
寄付き :1,680円
最高株価:1,806円

最高株価で売るのはプロでも難しいので、このぐらいなら初値で売った方がいいですね。

但し、日本郵政(6178)は初値1,631で始まり、1,999円まで値上がりしています。

様子見の方は自分でスタンスを決めて、上限は何円で売る!下限はIPO取得額まで下がったら売る!と決めてやるべきでしょうか。

長期投資で利益を得る

株主優待や配当で利益を得るのも、十分可能性がありそうです。

優待1:鉄道株主優待券

100株に対して、以下の優待が受けれます。

●利用方法及び割引率

本券1枚を、運賃及び料金のいずれか又は双方の割引に利用することができます。
・本券1枚で一人5割引とします。
・本券を2枚以上同時に使用することはできません。
・他の割引との重複割引はしません。

●割引の対象
・当社営業路線内の以下の乗車券類を割引の対象とします。
運賃:片道乗車券
料金:特急券、グリーン券(個室を除く)、指定席券
・片道行程の範囲であれば、1枚で複数列車の料金を割引します。

優待2:JR九州グループ株主優待券

100株に対して、一律5枚が発行され1枚につき、以下のいずれか割引を利用できます。

●高速船ビートル:特別割引運賃 福岡-釜山往復 10,000円
●うちのたまごEGG & SWEETS:お会計 100円引
●八百屋の九ちゃん:お会計 100円引
●ステーションホテル小倉:ご宿泊基本料金5割引
●ホテルオークラJRハウステンボス:ご宿泊基本料金5割引
●JR九州ホテル(新宿、福岡、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、屋久島) :ご宿泊基本料金3割引(休前日は2割引)
●豊後・大山ひびきの郷:ご宿泊基本料金3割引(休前日は2割引)

九州の端から端までの料金をざっくり算出すると、小倉~枕崎まで乗車券と特急券で13,160円ですから、半額で6千円程度の割引になります。
オークション価格を予想すると優待1と優待2を合わせて2~6千円程度といったところでしょうか?

配当も1株あたり利益の15%程度は出るようです。

但し、長期投資としては本業の鉄道事業が赤字なところが気になりますね。

まとめ

九州に住まいのある方なら優待は非常に魅力的ですし、オークションで毎年、現金化できそうな内容です。
私は3枚当選していますので初値で3枚とも売る予定ですが、今晩、良く考えて1枚だけは様子見するかもしれません。










-IPO

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.