IPO 証券会社

岡三証券と岡三オンライン証券を間違えないよう気を付けよう!

投稿日:

九州旅客鉄道株式会社(9142)のブックビルディングに皆さん参加は終わりましたか?
私も当選確率を上げるべく、最後まで粘りの姿勢で望んでいるのですが今回、間違えて別の証券会社にログインしようとしてしまいました。
間違えた証券会社は岡三オンライン証券です。
滅多に申込をしない会社なので、今回はgoogleで「岡三」と入力し、検索されたホームページで赤枠のオンライントレードと記載があった為、ログインボタンを押下しました。

201610144

岡三オンライン証券の口座番号の桁数で入力できたので迷わず入力。
エラーが出ました! 久しぶり過ぎたのでパスワードを間違えたのか?と思い、カスタマーセンターへ連絡しました。

201610145

カスタマーセンターの回答は「20で始まる口座番号は、当社とは別会社です。」とのこと。

もう一度、「岡三オンライン証券」をgoogleで検索し、なんとかブックビルディングに参加することができました。

以下のホームページが岡三オンライン証券です。
カラーリングも岡三証券と似ていて紛らわしいです(笑)

201610146

岡三証券と岡三オンライン証券の違い

岡三オンライン証券はどんな会社なのか調べてみました。

岡三オンライン証券は岡三証券グループを親会社とする別法人です。
岡三証券と岡三オンライン証券で資本関係はありませんので別会社ですね。

岡三証券は対面型の営業方式を基本としており、岡三オンライン証券はオンライン専門の証券会社です。

IPOとしての岡三オンライン証券の特徴

岡三オンライン証券はIPOで割り当てられた株式を100%を完全平等抽選に回してれる会社です。
また、抽選の申込に際して事前に入金をする必要が無いのが大きなメリットです。
但し、取り扱うIPO銘柄が少ないことが多く、グループ会社の岡三証券が幹事の時に回ってくる感じです。

まとめ

岡三オンライン証券は100%完全抽選ですが、IPOとして取扱う数は多くはありません。
但し、他の証券会社に比べて口座数が少ない為、当選する可能性が若干あるのと、口座に入金しなくても抽選に参加できるので、口座を作っておくのが良いでしょう。

今回、私は曖昧な操作で失敗しましたが、次回からは気をつけようと思います。
URLも、しっかりブックマークに追加しました。










-IPO, 証券会社

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.