ソーシャルレンディング

みんなのクレジットでソーシャルレンディングを実体験

更新日:

ソーシャルレンディングが実用に耐えれるものなのかを実証することにしました。
申し込んだ会社はみんなのクレジットです。
みんなのクレジットを選んだ理由は単純に得点が沢山あったからです。

まず、ホワイトクリスマスシリーズ パート9というイベントで以下の特典が得られました。

(1)新規口座開設でキャッシュバック2,000円
(2)初回10万円以上の投資実行で4,000円
(3)15万以上の投資で配当+10,000~400,000円

となります、(2)と(3)は投資額で選択になりますが、得点としては悪く無いと考えました。

選択可能な案件

選択可能な案件は複数あり、5~14カ月という期間で案件毎に利回りも変化します。

しばらくウオッチしていましたが、通常は3案件程度を募集しています。

 

投資シミュレーション

みんなのクレジットは新興の会社ですし、今回はお試しなので15万程投資することにしました。

シミュレーションでは10カ月で6.8%、6,899円の利息が付きます。

銀行の預金は0.25%なので27倍も利息が付きます。

以下がシミュレーションと投資条件です。

 

運用利回りが6.8%~14.4%と変動する理由は単純に案件が別れているからです。

案件1は不動産ローン案件で担保として有価証券と第3者連帯保証がついており、利回りは6.8%になります。
案件2は中小企業支援ローン案件で代表者連帯保証がついており、利回りは14.4%となります。

信用度は案件1の方が高いので利回りが低くなっています。
案件2の代表者の連帯保証等は信用度としては相当低いような気もします。

今回は案件1で申し込みを行いました。

まとめ

私は今回、得点がお得だったので申し込みを行いましたが、確かに高利回りは非常に魅力的な投資であると言えます。
今回、最大の特典を利用できる500万を投資すれば、利息が23万+特典40万の63万円の利回りとなります。

リスクについてですが、みんなのクレジットは起業して1年程度の会社です。
今まで元本割れは無いということですが、単純に起業後の期間が短い為の結果なのかもしれません。
案件の中から自分の許容できる範囲で、投資していく方法が良いでしょう。
起業後の体力のある内に大きく投資する考えもあるでしょうし、東京オリンピックまでは不動産業界は強そうなので元本割れは少ないという考え方もありだと思います。
みんなのクレジット










-ソーシャルレンディング

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.