IPO

シャノン(3976)IPO情報と評価

投稿日:

シャノンは、2000年8月25日に設立されました。
連結子会社の想能信息科技(上海)有限公司の2社で構成されています。
リード(見込客)の獲得や商談化のプロセスを高度化・自動化するツール「マーケティングオートメーション」の重要性に着目し、2011年2月にクラウド製品である統合型マーケティング支援サービス「シャノンマーケティングプラットフォーム」をリリースしています。

「シャノンマーケティングプラットフォーム」は主にBtoB企業に対してクラウドでの顧客企業マーケティング業務の効率化・自動化支援のサービスを提供しています。

会社情報

会社名 シャノン
市場・コード/業種 東証マザーズ・3976/情報・通信業
上場日 1月27日
申込期間(BB期間) 1月11日~1月17日
想定売り出し価格 1,400円
予想PER
公募株式数 150,000株
売出株数(OA含む) 22,500株
想定公開規模 19億

東証マザーズ上場の小型案件です。

資本金は179,235,000円、従業員は110人の会社です。

経営指標の推移

 2011年
5月
 2012年
5月
 2013年
10月
2014年
10月
2015年
10月
売上高
(百万円)
540 786 955 1,814 1,411
経常利益
(百万円)
7 5 2 △40 36
当期純利益
(百万円)
9 3 3 △49 30
純資産額
(百万円)
234 276 278 236 266
1株あたりの
純資産額(円)
423 583 624 805 897
1株あたりの
純利益(円)
481 193 127 △49 30
自己資本比率(%) 55.5 47.4 44.7 29.3 29.7
自己資本
利益率(%)
3.9 1.4 0.9 - 12.1

売上は、徐々に上がっている成長企業です。
経営は安定しているようです。

引受け幹事団(シンジケート)

幹事区分 引受け幹事団 株数
主幹事証券 東洋証券 - -
引受証券 SBI証券 - -
引受証券 みずほ証券 - -
引受証券 エース証券 - -
引受証券 極東証券 - -
引受証券 マネックス証券 - -

主幹事は東洋証券です。

今回も、幹事が多いですね。

開いておくべき、証券会社の一覧を載せていますので、ご確認下さい。
オススメの証券会社一覧

まとめ

東証マザーズで小型案件、しかもネット関連&クラウド系ということで人気化しやすいと考えています。
連結ベースで経営指標を見ても黒字のようですから。
会社としても申し分なさそうです。
何より、年明けの1発目の案件になりそうなので期待して良いのではないでしょうか?

個人評価
S~A

 










-IPO

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.