IPO

ビーブレイクシステムズ(3986)IPO情報と評価

投稿日:

ビーブレイクシステムズは2002年7月17日に設立されました。「世界が認めるシステム構築の仕組みを世に広め、社会の発展に貢献する」という理念のもと、主にクラウドERP(Enterprise Resource Planning)の開発・販売を行うパッケージ事業を行っています。また、顧客が構築するシステムの受託開発や、IT人材の派遣を行うシステムインテグレーション事業も行っています。

 

会社情報

会社名 ビーブレイクシステムズ
市場・コード/業種 東証マザーズ 3986/情報・通信業
上場日 6月15日
申込期間(BB期間) 5月29日~6月2日
想定売り出し価格 1,380円
予想PER 23.16倍
公募株式数 250,000株
売出株数(OA含む) 217,100
想定公開規模 18.7億

東証マザーズ上場の小型案件です。

資本金は60,000,000円、従業員は131人の会社です。

経営指標の推移

 2012年
6月
 2013年
6月
 2014年
6月
2015年
6月
2016年
6月
売上高
(百万円)
695 802 879 882 1,025
経常利益
(百万円)
22 30 35 25 103
当期純利益
(百万円)
17 26 28 18 81
純資産額
(百万円)
289 312 315 330 408
1株あたりの
純資産額(円)
4,858 5,254 5,722 299 370
1株あたりの
純利益(円)
294 436 481 16 73
自己資本比率(%) 67.9 63.8 66.1 63.0 64.4
自己資本
利益率(%)
6.2 8.6 9.0 5.5 21.8

順調に利益を出せている会社です。

引受け幹事団(シンジケート)

幹事区分 引受け幹事団 株数
主幹事証券 SBI証券 - -
引受証券 SMBC日興証券 - -
引受証券 みずほ証券 - -
引受証券 岡三証券 - -
引受証券 エース証券 - -
引受証券 極東証券 - -
引受証券 岩井コスモ証券 - -

主幹事はSBI証券です。

今回も、幹事が多いですね。

開いておくべき、証券会社の一覧を載せていますので、ご確認下さい。
オススメの証券会社一覧

まとめ

東証マザーズで小規模の案件です。

クラウド事業ということで人気がありそうです。
ERPで有名なSAPのコンサルをしていた人が2人で立ち上げた会社で、ERPパッケージとシステムの受託開発を柱にしている会社です。が世の中のSIerは同じことをしており、この会社だけがやっていることではないので、将来的にはSIerに対抗する為の規模拡大と独自の特徴をどのように出していくかが課題ではないでしょうか。

主幹事がSBI証券で当たる気がしませんが、頑張って申し込みます。

 

個人評価
S~A

 










-IPO

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.