雑記

北朝鮮が戦争を始めたら日本の経済はどうなる? その1

更新日:

北朝鮮が瀬戸際外交を繰り返していますが、もしこのまま戦争を始めた場合はどうなるのでしょうか?

考えられるケースとしては以下のケースを想定しました。

その1、アメリカと直接対決

その2、韓国がアメリカの代理国となり全面対決

その3、北朝鮮が見せしめの為に日本を攻撃

その4、北朝鮮VSアメリカ・韓国・日本

どうでしょうか?

実際に戦争が始まると北朝鮮のような小国が長期的に複数の国家を相手に戦争を持続することは困難だと思われます。

では、その1のケースについて考えてましょう。

アメリカと直接対決

アメリカと直接対決した場合、考えられるケースは以下のようになるでしょう。

(1)金正恩を暗殺して終了。

(2)初期に空爆に成功、アメリカ優位に戦争が終わる。

(3)初期に空爆に失敗、韓国領内と海岸から進行し1年程度で制圧。

いずれも、数年という長期間の戦争にはならないと予測します。
理由は北朝鮮にはアメリカ本土を攻撃する手段が今だ整っていないからです。

日本の経済に及ぼす影響

経済的な影響はどうでしょうか。

「(1)金正恩を暗殺して終了。」した場合は、短期的に円高に振れて徐々に戻っていくでしょう。株価はアメリカ経済と連動している為に一時的に下がると予想されます。

「(2)初期に空爆に成功、アメリカ優位に戦争が終わる。」場合はどうでしょうか?これも、(1)の場合と同様ですが、円高に振れる期間が多少長く、ゆっくりと進むと思われます。株価の動きもゆっくりしたものになるでしょう。

「(3)初期に空爆に失敗、韓国領内と海岸から進行し1年程度で制圧。」した場合は、円高に振れるでしょうが、その時の情勢により、かなり荒い動きになると思われます。株価も連動して荒い値動きになるでしょう。

 

以上のように、戦争になった場合のケースを予想してみました。

戦争になる可能性については五分五分というのが私の予想です。

アメリカのトランプ政権は国内の支持が得られない為、仮想敵国を作らざるを得ない状況であり、国際法を無視して核実験や弾道ミサイルを発射する北朝鮮は、「飛んで火にいる夏の虫」のような状況です。

 










-雑記

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.