雑記

北朝鮮が戦争を始めたら日本の経済はどうなる? その2

更新日:

北朝鮮とアメリカの戦争の危険度が上がって来ています。
実際に戦争が始まった場合はどのようなケースが考えられるでしょうか?

考えられるケースとしては以下のケースを想定しました。

その1、アメリカと直接対決

その2、韓国がアメリカの代理国となり全面対決

その3、北朝鮮が見せしめの為に日本を攻撃

その4、北朝鮮VSアメリカ・韓国・日本

どうでしょうか?

その1については前回、記事にしましたので今回は、その2のケースについて考えてましょう。

 

その2、韓国がアメリカの代理国となり全面対決

実は朝鮮戦争は終わっていません。
南北に別れて始めた朝鮮戦争は今は休戦状態なだけなのです。
従って、韓国と北朝鮮は戦争を再開するということになるのです。
この場合、どのような戦争のシナリオが予想されるでしょう?

(1)核爆弾無しの戦争状態になる。

(2)北朝鮮がソウルに核兵器を落とす。

この二つのシナリオが強いのではないでしょうか?

まず(1)の核爆弾無しの戦争状態になった場合ですが、かなりの長期間の戦争になるでしょう。少なくとも1年~数年。
なぜかというと、今の韓国の政府では戦争の采配を上手に振れることはできないからです。ムンさんは北朝鮮と再度の休戦を画策しようとするでしょうし。アメリカは後方から、戦争継続を支援するはずです。アメリカは韓国に武器も売れますしね。

(2)北朝鮮がソウルに核兵器を落とした場合は、無政府状態の韓国と、国連をはじめとしたアメリカで代理戦争に発展するケースが予想できます。
この場合も、国連での決議に時間が掛かり、長期の戦争状態になるのではないでしょうか?

いずれのシナリオにしても泥沼化した戦争となる気配が濃厚です。

日本の経済に及ぼす影響

経済的な影響はどうでしょうか。

 

韓国のウオンは暴落するでしょうが、日本政府がどのような態度にでるかが分岐点になると考えられます。

スワップ協定に基づき、韓国を支援して泥沼の戦争の影響を受けると、最初は円高に振れる円も徐々に円安相場へ移行していくと考えられます。

 

長期的には北朝鮮の敗北は決定的でしょうか、戦争になって得をするのはアメリカのような武器を売って商売している国でしょう。結果として韓国はさらに貧乏になるでしょうが、北朝鮮を治めるのはどこの国でしょうか?

韓国なのでしょうか?
中国なのでしょうか?
ロシアなのでしょうか?
アメリカなのでしょうか?

そこまでは予想は困難ですね。










-雑記

Copyright© IPO物語 楽して儲かる為の道 , 2019 All Rights Reserved.